So-net無料ブログ作成

エンデリオン四重奏団のベートーヴェン全集 [ベートーヴェン:弦楽四重奏曲]

EndellionStringQuartetBeethoven.jpg

 届いてまだ間もないディスクをすぐにblogにエントリーするのも抵抗があるが、聴いてみていろいろ考えさせられたため、話題にすることにした。

 おそらくこの全集の最大の特色は楽譜の版の問題ということになってしまいそうだが、私としてはそんなことはどうでもいいから、優れた団体による秀逸な全集としてファンにお薦めしたいという気持ちである。

 私が一番好きな131の出来。この作品の解釈が演奏全体の優劣を決める最低条件になるのが私の嗜好なのだが、見事にやられてしまった。

 彼らの音というのはどこまでもダレるところがない。瑞々しく、艶があり、何処か若葉色の若々しさがある。それでいて、血気盛んというのでもなくて、落ち着いたしみじみとした郷愁がある。擦れたような枯淡の音から、艶美と諦観を行き交う微妙な色合い、命がけの気合のこもった炸裂音まで、表情と音色には幅がある。

 興味深いのはそれらが押し付けがましく聴こえるのではなく、万事「何事もなかったかのよう」なのである。楽譜の細部に関しては、「あれ?今のは?」と思う箇所もあるのだが、それをことさらにアピールするのではなく(その意味ではプラジャークはいささか過剰演出)、自然に何でもなく流していく。

 技巧も誇示されないために、聴いてすぐにベートーヴェンの世界に入り込めるような透過性がある。

 べーレンライター版として発売されることになる楽譜を、校訂者のデル・マーと議論し、見事に消化し、音楽化している。その意味では、交響曲版のデヴィッド・ジンマンなど問題にはならない。

 私の好みとしては、もっと張りがあって、テンポのきびきびとした解釈を望む箇所があるが、不思議と納得してしまう。

 たとえば、131の終楽章について、彼らは7分もかけているが、それがけして遅くは感じられない。しみじみとした郷愁を誘うゆったりとした部分で、テンポを落として綿々と歌うのはブッシュの伝統であるが、ブッシュがいささか粘りすぎて懐メロ的に聴こえなくもないのに対して(エビスビール)、エンデリオンは楽譜に書かれた音の一つ一つを解きほぐしていくような不思議な開放感がある(キリン淡麗生グリーン・ラベル糖質70%オフ)。

 132も素晴らしい。細かい部分ではいろいろ言うこともできるだろうが、それは演奏が魅力的だからであって、彼らの演奏には一本筋が通っている。ことに四楽章から五楽章にかけての解釈は、変にドラマティックに盛り上げるのではなく、素朴に音楽に語らせることで自然な高揚感を表出していく姿勢に、大変好感を持った。

 ということで、買ってよかった。趣味の悪いkitakenが推薦するのだから全く参考にならないかもしれないが、これは良い。特に、131と132の入ったディスクを聴いていただければそれがわかる。っていうか、そのディスクを買うにも、全集にしか入っておらぬ。だから、全集を買うしかないわけだ。合掌。

追記(2009年9月26日)

 ベタ褒めした全集だが、何度か聴いているうちに、どこか心にぐいぐいと突っ込んでくるような魅力を感じなくなった。たとえば、初期作品18-4の一楽章などは遅めのテンポで朗々と演奏しているが、水準以上の演奏とは言え、何か内面的な充実、洗練されたテンポ感が不足しているようにも感じられる。とは言え、最近のセットものとして、そしてべーレンライター云々ということも含めて、重宝していることは事実だ。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

dokuoh

こんばんは。
これ前から気になっているのですよね。買ってみようかしら。
私もプラジャークはいささか過剰演出だと思っていたので、私好みの演奏の可能性大です。
by dokuoh (2008-10-22 18:04) 

KITAKEN

dokuoh様

こんばんは。そうですねえ。プラジャーク四重奏団のは購入した当初は随分聴きまくりましたが、ちょっと演出過多というか、懲りすぎている箇所、節回しが濃厚すぎるところが何度も聴いていると耳につくんですよね。

エンデリオンは一聴、地味で素朴ですが、流れるような艶やかな美音や擦れた味わい深い響きなど、音楽的語法は負けず劣らずといったところで、変に時代楽器スタイルを意識しない良さが素敵でした。

ラズモフスキーの一楽章、あの勇壮なテーマでチェロががっしりと歌を歌うのは胸が弾みます。他の四重奏団はスコアの「メゾ・フォルテ」指定に忠実なので線が細くて、豪快さが足りないといつも思うだけに、満足でした。
by KITAKEN (2008-10-24 22:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。