So-net無料ブログ作成
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 ブログトップ
前の5件 | -

2016年5月kitakenのベートーヴェン愛聴盤 [ベートーヴェン:弦楽四重奏曲]

2013年11月17日にkitakenが選んだベートーヴェン愛聴盤。この更新を最後に、事実上「弦楽四重奏との歩み」は開店休業状態となりました。

アルツハイマー型認知症を患った父の介護、膀胱がんの発覚、そして看取り・・・この二年間は音楽と向き合うことよりも、家族と向き合うことが中心となった日々でした。

弦楽四重奏の世界に再び還ってきたのは、幸松肇氏による『世界の弦楽四重奏団とそのレコード』全六部冊の完成、『ウィーンの弦楽四重奏団200年史~弦楽四重奏の魅力にとりつかれた演奏家たち』(レグルス)、『レコードによる弦楽四重奏曲の歴史』(上下巻)(DU BOOKS)の復刊、という強力な援護射撃も大きいです。

これらを手にしながら、「お、そうか」「ああ、なるほど」「え、知らなかった」ということが多々ありました。

いずれも、弦楽四重奏研究になくてはならない必携書であり、ジャングルのような室内楽の世界への道しるべとなるもので、ここに声を大にして推薦しておきたいと思います。

さて、少しずつ(本当にゆっくり)、このブログも復活させていくつもりではありますが、まずはベートーヴェンの愛聴盤を大幅に改訂したいと思います。これが今の私の趣味ということになります^^

これまで皆々様からのコメントを受け付けてきたのですが、コメントは今後受け付けないことにいたします。姉妹BLOGのThe World of Kitakenも同じです。

私のスタンスはあくまで音楽の専門家でもない一介の言語学者が、気の向くまま感想を書いたり、評論家の推薦盤を聴いてみたり、専門性や独自性を狙うのではなく、ただ音楽を聴いて楽しむことにあります。

初期弦楽四重奏曲

ベートーヴェンの初期四重奏曲を聴くことは、実は少ないのです。

やはり、中期や後期のカルテットのほうが、ベートーヴェンらしい(当たり前ですが)。

でも、初期には初期の香りがあって、モーツァルトやハイドンとも違う、ベートーヴェン特有の若々しさがみなぎっていますね。交響曲やピアノ曲などと違って、もっとベートーヴェンの魅力が溢れているように思います。

中でも、4番は好きです。 

初期のカルテットで、まとめて手に入れるとすれば、バリリでしょうか。バリリはウィーンの花畑。ほっと一息つける安心感、情緒、郷愁は何者にも代えがたいですね。ただ、時に物足りないこともあるのです。バリリ四重奏団の芸術性がどんなに優れていて、どんなに深い哲学から導き出された結論だとしても、もう一つ翳りが欲しい。

ヴェーグの新旧ある全集も良いのですが、ハンガリー系の団体は4番の第二主題の奏し方に違和感があります。ですので、好きなヴェーグも、初期というくくり方をすると脱落。

意外に思われるかもしれませんが、私は初期ではアルバンベルク四重奏団のライヴ盤全集をまとめて取り上げます。非常に素晴らしい演奏だと思います。これは、初期、ということに関わらず、中期・後期のいずれをとっても、現代の弦楽四重奏の中のトップの一つだと考えます。ライヴ盤は、室内楽の録音としても、まずは理想的だと思います。

スタジオ録音では口を酸っぱくして批判したものですが、ライヴ録音で彼らの良さを知ってしまうと、不思議とスタジオ録音も楽しめるようになりました。私は今ヘルベルト・フォン・カラヤンも大好きなのですが、こうした嗜好の変化がクラシックの世界でもあるのですね。不明を恥じます。

4番は、緊迫感という点でジュリアード四重奏団。ジュリアードが巧すぎると感じられるときは、ベルリン四重奏団(ズスケ四重奏団)。5番は、バルトーク四重奏団の演奏が美しくて好きです。途中で教会の鐘の音がかすかに聞こえるのですよね^^ ただし、5番を聴く機会はめったにありません。少し変わった解釈では、ターリヒ四重奏団が記憶に残りますが、リマスタリングされてからは急速に手に取る機会が減りました。  

中期弦楽四重奏曲

ラズモフスキーの一番は、誰が何を言おうとブダペストのモノラル盤が一番好きです(SPの復刻ではなくて、LP時代のモノラル盤)。

二番はどの演奏団体も良いですが、昔悪口を言ったタカーチ四重奏団を楽しめるようになりました。シャープで、豊かな響きはあまり感じないのですが、淡く滲むように詠嘆を漂わせる技術とか、かゆいところに手が届くようなスコアの読み方に、たとえば、131番なども圧倒される思いです。

三番は、SACDということも含めてプラジャーク四重奏団を知らない方のために推したいと思います。ニュー・ミュージック四重奏団の超絶の名演奏もありますが、モノラルなので。ニュー・ミュージックは何と言っても終楽章が最速。それも上滑りしない。ジュリアード四重奏団も緊迫感があって素晴らしいです。本当に3番については、この三つがあれば他はいらない、というくらいに大満足できます。エマーソンも牙城に迫っていますが、時に音が汚くなるので、一歩喰い足りない。

三番の終楽章に関しては、アルバンベルクが意外とスローテンポなんですよね。ズスケ四重奏団もゆっくりとしている。

「ハープ」は、バリリも素晴らしいし、ゲヴァントハウス四重奏団(NCA)も素晴らしい。ブダペストのステレオ、それにタカーチも良いと思います。基本的に、どの団体で聴いても、この瑞々しい音楽は飽きが来ません。

中期をどれか一セット、とすると、ジュリアードのセッション録音が推進力と録音の鮮明さもあって好きです。

後期弦楽四重奏曲

後期というと、もう幽玄と深遠なるファンタジーの世界なので、どの全集でも一長一短です。しかし、ブダペストのステレオ録音、ハンガリーのモノラル録音、ヴェーグのモノラル・ステレオの両録音、ケッケルト四重奏団、これらは永遠に残る名盤だと思います。ヴェーグのステレオは私には晦渋すぎて、技巧の衰えが気になることもありましたが、今では孤高の名演奏と思います。

三つのセットに共通するのは、神韻飄々たる精神世界に、がっしりとした輪郭を築き上げているところ。ベートーヴェンの顔かたちがしっかり感じられるのです。

ケッケルト四重奏団はモノラルだが、素晴らしい演奏です。DGの録音の中では、メロス四重奏団、アマデウス四重奏団よりも好き。何が良いがと言えば、やはりゲルマンらしい血が流れ、ブッシュが持っているような森の黒さをやはり感じさせるところ。解釈も良いと思います。

一二番は伝説のクリングラー四重奏団、一三番はブダペストのステレオかバリリ。一四番はブッシュ四重奏団かタカーチ、ときどきブダペストやアルバンベルク(ライブ)、15番もブッシュ、アルバンベルク(セッション)、16番はジュリアードの全集録音中の演奏(セッション)かアスコーナでのライブ(Ermitage)を愛聴します。

日本人の団体として、古典四重奏団の作品131を挙げておきます。デビュー盤の、バルトークのカルテットと一緒になった一枚のほうです。彼らが後に作った後期弦楽四重奏曲全集ですが、このデビュー盤とは印象の違う演奏で、私としては彼らのデビュー盤が好きです。

一四番はシュナイダーハン四重奏団の戦時中のセッション録音もあり、Orfeoで音が悪いが、やはり四重奏好きなら聴かねばなるまいと思います。何といっても、終楽章のギャロップの刻みが胸を打ちます。


nice!(1) 
共通テーマ:音楽

エンデリオン四重奏団のベートーヴェン全集(弦楽四重奏曲第13番) [ベートーヴェン:弦楽四重奏曲]

EndellionStringQuartetBeethoven.jpg

 これは名演だ。

 13番についてはこれといった愛聴盤が存在しなかったが、ついに最新録音で、しかも新譜で、満足できるCDが登場した。風邪をひいて体調が悪い身体にどれだけの栄養になったことか!

 一楽章は、優秀な団体がやっても力みすぎ、リズミックすぎ、筋肉質すぎな演奏になることが多く、ヴェーグQのステレオ録音とブダペストQのステレオ録音くらいが名演と呼べるという寂しい状況だった。

 私個人の意見なのかもしれないが、この楽章は寄せてはかえす波のような悠久を感じさせるものでなくてはならず、音楽は解脱と緊張と幻想とを両立せねばならない。

 エンデリオンQは巧みにダイナミクスを操作することによって、この難曲の散漫と感じられかねない曲想の変化に新鮮な息吹を吹き込む。見得を切るようなタメがあったかと思うと、けしてがなりたてずに音楽のしみじみとした味わいを表出し、一筋縄ではない。

 二楽章、三楽章、四楽章はとりとめもない間奏曲のような楽章であるが、エンデリオンQの解釈は往年の名演奏にひけをとらないもので、妥当な解答を与えてくれる。ことに二楽章のテンポ、三楽章の人懐っこい表情、四楽章の魅力的な主題を力みなく自然に節回す姿勢には好感を持った。

 全楽章のうちでも一番印象に残ったのはカヴァティーナで、これはもうかけねなしに最高と言ってよいだろう。しみじみとした哀愁とベートーヴェンの特有の晩年期の諦観の静けさがこれほど音化された例はないと思う(全集を数十聴き比べた私が言うのだから、間違いはない(はずですが、間違っているかもしれず))。弦はストラディヴァリだと思うが、音色にはしつこい甘さもなく、にやっこい粘りもなく、テンポは遅からず、速からず。こういう演奏をこそ名演奏というべきだ。

 大フーガはさすがに、ゲヴァントハウス四重奏団の神々しい名演に比べると遜色はあるが、これも一つの名演奏だ。一つ一つの音の絡み合いが解きほぐされていくような不思議な感覚はここでも健在で、魂込めと表現の美感とのバランスの取り具合が見事であり、新しいフィナーレも古き良き伝統的なアンサンブルを彷彿とさせる飄々とした楽しさがあって、魅力的だ。

 書いていて不安になるくらい絶賛してしまったが、本当に素晴らしい演奏だ。広くお薦めする次第である。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

エンデリオン四重奏団のベートーヴェン全集 [ベートーヴェン:弦楽四重奏曲]

EndellionStringQuartetBeethoven.jpg

 届いてまだ間もないディスクをすぐにblogにエントリーするのも抵抗があるが、聴いてみていろいろ考えさせられたため、話題にすることにした。

 おそらくこの全集の最大の特色は楽譜の版の問題ということになってしまいそうだが、私としてはそんなことはどうでもいいから、優れた団体による秀逸な全集としてファンにお薦めしたいという気持ちである。

 私が一番好きな131の出来。この作品の解釈が演奏全体の優劣を決める最低条件になるのが私の嗜好なのだが、見事にやられてしまった。

 彼らの音というのはどこまでもダレるところがない。瑞々しく、艶があり、何処か若葉色の若々しさがある。それでいて、血気盛んというのでもなくて、落ち着いたしみじみとした郷愁がある。擦れたような枯淡の音から、艶美と諦観を行き交う微妙な色合い、命がけの気合のこもった炸裂音まで、表情と音色には幅がある。

 興味深いのはそれらが押し付けがましく聴こえるのではなく、万事「何事もなかったかのよう」なのである。楽譜の細部に関しては、「あれ?今のは?」と思う箇所もあるのだが、それをことさらにアピールするのではなく(その意味ではプラジャークはいささか過剰演出)、自然に何でもなく流していく。

 技巧も誇示されないために、聴いてすぐにベートーヴェンの世界に入り込めるような透過性がある。

 べーレンライター版として発売されることになる楽譜を、校訂者のデル・マーと議論し、見事に消化し、音楽化している。その意味では、交響曲版のデヴィッド・ジンマンなど問題にはならない。

 私の好みとしては、もっと張りがあって、テンポのきびきびとした解釈を望む箇所があるが、不思議と納得してしまう。

 たとえば、131の終楽章について、彼らは7分もかけているが、それがけして遅くは感じられない。しみじみとした郷愁を誘うゆったりとした部分で、テンポを落として綿々と歌うのはブッシュの伝統であるが、ブッシュがいささか粘りすぎて懐メロ的に聴こえなくもないのに対して(エビスビール)、エンデリオンは楽譜に書かれた音の一つ一つを解きほぐしていくような不思議な開放感がある(キリン淡麗生グリーン・ラベル糖質70%オフ)。

 132も素晴らしい。細かい部分ではいろいろ言うこともできるだろうが、それは演奏が魅力的だからであって、彼らの演奏には一本筋が通っている。ことに四楽章から五楽章にかけての解釈は、変にドラマティックに盛り上げるのではなく、素朴に音楽に語らせることで自然な高揚感を表出していく姿勢に、大変好感を持った。

 ということで、買ってよかった。趣味の悪いkitakenが推薦するのだから全く参考にならないかもしれないが、これは良い。特に、131と132の入ったディスクを聴いていただければそれがわかる。っていうか、そのディスクを買うにも、全集にしか入っておらぬ。だから、全集を買うしかないわけだ。合掌。

追記(2009年9月26日)

 ベタ褒めした全集だが、何度か聴いているうちに、どこか心にぐいぐいと突っ込んでくるような魅力を感じなくなった。たとえば、初期作品18-4の一楽章などは遅めのテンポで朗々と演奏しているが、水準以上の演奏とは言え、何か内面的な充実、洗練されたテンポ感が不足しているようにも感じられる。とは言え、最近のセットものとして、そしてべーレンライター云々ということも含めて、重宝していることは事実だ。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

べーレンライター版のベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集がついに発売! [ベートーヴェン:弦楽四重奏曲]

EndellionStringQuartetBeethoven.jpg

 随分長い間更新していませんでした。

 オルフォード四重奏団の全集を聴く、と意気込んで更新を始めたはいいものの、何かと雑用が増え、仕事も始まり・・・、聴きたいCDも増えて・・・、とどんどん更新のペースは落ち、今に至るわけです、ハイ。

 そのオルフォード四重奏団もほとんど聴けていない。途中で興味を失ってしまったというのが正直なところです。

 正直申せば、精神状態も、少し弦楽四重奏の世界から遠ざかっておりました。元来はオーケストラものが大好きなため、気持ちが安定していたり、高揚した気分のときには管弦楽を大音量で聴くわけです。

 秋も深まり、さて、室内楽の季節だなと思った矢先、エンデリオン四重奏団がべーレンライター社による新校訂によって全集を録音してくれました。

 しかしながら、楽譜は今だに発売されていませんし、問題の多い後期四重奏曲集に関してはどうなることやらという思いです。

 それが先に音になったわけ(発売の経緯についてはやくぺん先生のblogをご参照のほどを。実に興味深い内容です)。

 はじめのうちは敬遠していましたことを告白します(汗)。

 これ以上、全集が増えたら、小生の部屋はベートーヴェンだらけになってしまう。

 しかし、音にされたことのない曲や、ベートーヴェンの創造に俊英ジョナサン・デル・マーがメスを入れる!という知的興味を掻き立てるような販売手法についに抗しきれず。

 それにしても、新譜10枚組みが7,000円しない時代って、どうなんですかね?

 怖ろしいとは思いませんか?

 演奏家はコンピュータによる演奏と生存競争を強いられ、湯水のように使いまわされていく。

 手を合わせて聴きましょう。合掌。

 演奏内容については、また改めて書くことにしましょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第14番の終楽章は「勝利」か [ベートーヴェン:弦楽四重奏曲]

 昨夜はベートーヴェンからはじまって、モーツァルトのオペラをつまみ聴きし、ビートルズのアルバムから何曲かを取り出して、自室のベッドの上でごろごろと煩悶していた。

 ふっとブダペスト四重奏団の第1ヴァイオリン、ロイスマンの肖像と目が合ったこともあり、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第14番から終楽章だけを取り出して聴き入った。

 私がベートーヴェンの四重奏の魅力に目覚めたのは、東京カルテットの後期四重奏曲集だった。どの演奏もがっしりとした構築と雄大な広がりがあり、難曲として知られる14番の素晴らしさに精神的に未熟な青年時代にも関わらず、何か大きな、怖ろしいものに抱きすくめられたような感動を覚えたものである。

 数年前に、ベートーヴェンの四重奏曲にどっぷりと浸かりたいと一念発起し、入手しうる名盤、廃盤も含めてかなりの数を聴き込んだ。その数は数え切れないが、何回聴いても、シンフォニーのようなとらえどころを感じない。むしろ、ますます深遠へと引きずりこまれるような思いがする。

 私にとって思い出深い名盤は、バルトーク四重奏団である。今聴くと多少弾き崩した雑な箇所もあるのだが、彼らの血がなす業か、その演奏にはジプシー的な哀感と漲るような歌のほとばしりがあった。はっとするような思いがしたものである。終楽章の超スピードにはカペー四重奏団に通じる精神的な偉大さを感じた。

 ベートーヴェンの音楽の中で、どの曲が一番好きかと問われれば、いささか躊躇するものの、5位以内にこの曲が入る。特に終楽章が一番好きなのだ。

 この楽章の理想的な演奏は、長い間「とにかく速いテンポで、絶対に低回することなく、悲哀を感じさせるもの」でなければならなかった。このような理想的な名演奏に出会うために、私の「弦楽四重奏との歩み」は始まったとも言える。

 有名なアルバン・ベルクも、微温的なクリーヴランドも、ドイツ的な体育会系メロスも、仙人のようなヴェーグも、血気盛んなジュリアードも、独欧のうさぎ狩りを思わせるズスケも、高級ジャムのようなバリリも、知性と詩情のターリヒも、どれもこれも一味足りなかった。

 そんな私を驚かせ、体中が喜びで震えるような感動を与えてくれたのは、プラジャーク四重奏団だった。冒頭から理想的な快速テンポとしっかりとしたリズムの刻み方が印象的で、これぞ理想のテンポだ!と唸ったものである。

 その考えはしばらくの間変わらなかったが、私の考えを根本から変え、14番に対する印象すら変えさせたのがブダペスト四重奏団だった。

 はじめは50年代のモノラル全集で、その後はステレオ全集で、彼らの解釈が何たるかを理解するようになるのであったが、とにもかくにも、衝撃だった。

 ロマン・ロランは、この終楽章を「勝利」の歌だと呼んでいる。私の見識違いかもしれないが、とんでもないことだと思う。そのことを教えてくれたのが、ブダペスト四重奏団だった。

 そんなことを思い出しながら聴くこの演奏は、朝まで私を眠らせなかった。  


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。